Search Console「サイトマップを読み込めませんでした」プラグイン替えたら直った。







1.サイトマップ送信エラーの概要

Google Search Consoleの仕様が新しくなった事により、サイトマップを送信しても、「取得できませんでした」とステータス表示され、「サイトマップを読み込めませんでした」というエラーになった問題解決法をシェアしたいと思います。

以前のGoogle Search Consoleでは経験したことがなかったので、原因はGoogle Search Consoleが新しくなった事によるものだと思ったものの、ヘルプページを見ても問題解決に至らず、困り果ててしまいました。

私の場合、WordPress(ワードプレス)を使っており、サイトマップは、SEOプラグインである、「Yoast SEO」というプラグインが生成するxml形式のサイトマップアドレスをGoogle Search Consoleに送信していました。

このブログで言うと、https://longstoryshortdocumentary.com/sitemap.xml がサイトマップアドレスです。

上記Indexページのアドレスだけでなく、Indexアドレス内にある更に個別のアドレスを個々に送信してみましたが、やはりエラーが出ます。

2.プラグインを替えてみた

そこで私は、以前使っていた「Google XML Sitemaps」というプラグインをもう一度使ってみることにしました。
この「Google XML Sitemaps」は、Googleの仕様に合ったサイトマップを生成・送信してくれるプラグインなのですが、「Yoast SEO」にもサイトマップ生成機能が付いているので、使わなくなっていました。

手順としては、「Yoast SEO」のサイトマップ生成機能をストップしてから、「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化します。
設定画面で簡単な設定をしてから、Google Search Consoleでサイトマップを送信。

送信した瞬間は同じようなエラーが出たのですが、1分と経たずにステータスが緑色の文字で「成功しました」に変わり、中味を確認すると「サイトマップ インデックスは正常に処理されました」と表示されていました。

これは、サイトマップ全体のIndexページである「sitemap.xml」とその中にある個々のxml」ページ全部」の双方を送信しましたが、全て正常に処理されました。

結論:サイトマッププラグインを「Google XML Sitemaps」に替えたら、正常に送信できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です