鋸山 穴場の無料駐車場の入口はここだ!【画像と地図で案内】

1.鋸山の駐車場は週末・休日は激混み!

千葉県富津市と鋸南町の境にある鋸山。
東京や神奈川からもアクセスしやすく、日帰りで登山できることから人気の観光スポットになっています。
従って、週末や休日の天気の良い日は登山客で賑わい、駐車場も混みます。
特にロープウェーの無料駐車場は駐車待ちの車が国道にまで溢れ出す程です。

2.鋸山の駐車場は4カ所

鋸山の駐車場は4カ所あり、駐車場自体は無料で利用できます。

  • ロープウェー乗り場にある駐車場(ロープウェー利用者に限る)
  • 鋸山登山自動車道(有料)の利用者が使える駐車場が2カ所
  • 鋸山観光自動車道(無料)の駐車場

赤丸で囲った4カ所( ↑クリックで拡大表示↑)

出典:鋸山日本寺

3.各駐車場の注意点

ロープウェー乗り場・駐車場
ロープウェーの利用者はロープウェー乗り場にある無料駐車場1択となりますが、週末や休日で天気の良い日は大変混みます。
従って、週末や休日にここを利用するならば、朝の9時までに到着することを目標にしましょう。
あと、ロープウェーで登山すると大仏広場は遠く、そこまで下って行くと戻ってくる時はかなりキツいです。
鋸山登山自動車道(有料)駐車場
週末や休日に利用するなら、鋸山登山自動車道(有料)が無難です。
急坂がちょっと怖いですが、山頂下付近まで車で登ることができます。
駐車場も2カ所あり、何れも広くて十分な駐車スペース(未舗装)があります。
ただ、普通車の通行料は往復で1000円(ワンボックスは1200円)かかりますし、通行時間も制限があります。
また、二輪車は通行できません。
鋸山登山自動車道は平日に使うのはもったいない気もしますが、名所だけ見て回るなら、歩く距離は無料道路より少なく済みます。
鋸山観光自動車道(無料)駐車場
その他に鋸山観光自動車道(無料)というのがあります。
この道路は、地元の鋸南町が造ったので無料で通れます。
なので、一番安上がりでオススメです。
(鋸山・日本寺の拝観料は掛かりますが、それはどのルートでも同じです。)
二輪車も通行・駐車ができます。
ただ、休日は駐車場が一杯になることがあります。
また、山を四分の一程度しか登らない短い道路ですので、頂上付近にある展望台や地獄覗き、百尺観音といった名所まではかなり歩きます。
(大仏広場までは近いです。)
通行時間の制限もあります。(8時から17時)
それと入口が分かりにくいです。(後述します)

4.鋸山 2つの自動車道の違い

2つの道路が出来た経緯

鋸山登山の自動車専用道路は、鋸山登山自動車道(有料)と鋸山観光自動車道(無料)の2つが存在します。

鋸山に、なぜ、二つも自動車登山道があるのか?は本題ではありません。
一応、簡単に説明すると道路公団と鋸南町との確執が原因らしいです。

ともあれ、地元民以外の人は、まさか海抜329メートルしかない山に自動車登山道が2つも存在するとは思いません。
なので、入口が分りやすい鋸山登山自動車道(有料)に多くの車は吸い込まれていきます。

一方、鋸南町が造った鋸山観光自動車道(無料)は入口が分りにくいせいで、無料であるのにも関わらず利用者が少なく、長く穴場的存在となっていました。
しかし、昨今はインターネットの発達でその存在が知れ渡るようになり、穴場と言えなくなる日は近そうです。

ただ、それでも、まだまだ周知度は、ロープウェー > 有料自動車道 > 無料自動車道の順ですし、何と言っても無料ですので、オススメします。

料金の違い

鋸山登山自動車道は有料で普通車は往復で1000円です。
(なぜかワンボックスカーは1200円です。)
鋸山観光自動車道は無料で通れます。(駐車場も無料)

通行時間の違い

鋸山登山自動車道(有料)の営業時間は8時30分~17時(冬期は16時30分)です。
(入山は15時まで。元日は早朝営業有り)
鋸山観光自動車道(無料)の通行時間は8時~17時です。
(時間外でも自分で柵をどかせば通れます。)

二輪車通行可否の違い

鋸山登山自動車道(有料)は二輪車は通れません。
鋸山観光自動車道(無料)は二輪車通行できます。
(ちなみに両方とも観光バスの通行・駐車は可能です。)

歩く距離の違い

大仏広場までなら鋸山観光自動車道(無料)の方が近いです。
展望台や地獄覗き、百尺観音といった人気スポットが多い山頂エリアには鋸山登山自動車道(有料)の方が断然近いです。
鋸山日本寺内をコンプリートするなら、どちらも余り差はないですが、人気スポットを一通り巡るなら鋸山登山自動車道(有料)の方が歩く距離は少なく済みます。

5.ロープウェー乗り場の駐車場への行き方

ロープウェー乗り場の駐車場は無料ですが、ロープウェー利用者しか使えません。
ただし、ロープウェーの往復何れかを利用すれば無料で駐車できます。

ロープウェー乗り場・駐車場への道順

鋸山ロープウェー入口

1.国道127号線を館山方向へ鋸山付近まで南下すると
  岡澤釣具店の緑色の建物が見えてきます。
  その手前にある信号を左折します。
(入口に案内の看板があります)

2.信号を左折します。

3.分岐路は左折します。

4.ロープウェー乗り場(駐車場)に到着。
右手の道を進むと第2駐車場も有り。
合計200台まで駐車可能だそうです。

ちなみに、第2駐車場はご覧のように遠く、
狭い山道を登った先にあるので利用者はほとんどいません。

Googleストリートビュー(画面を操作できます。)

ロープウェー利用案内

ロープウェーの利用料金は大人(12歳以上)片道500円 往復930円。
子供(6歳以上)は片道250円 往復450円。

ロープウェーの運行時間
通常 9:00 ~ 17:00 (2月16日~11月15日)
冬季 9:00 ~ 16:00 (11月16日~2月15日)

※夏季は営業時間を延長。
※毎年 1月中旬頃に1週間程度営業を休止。
※元旦は 5:30より営業。
※荒天の場合、運転を休止。
※通常 15分間隔で運転するが混み具合に応じて、5分~ 10分間隔で運転。
所要時間は片道約 4分。
最終は山頂駅を17時(冬期は16時)となります。

6.鋸山有料自動車道・駐車場(2カ所)への行き方

鋸山登山自動車道(有料道路)の入口は、ロープウェー入口から更に南下し、明鐘トンネルの出口を出たすぐ脇にあります。

1.岡澤釣具店を左手に見ながら
  国道127号線を館山方向へ南下します。

2.鋸山を左手に見ながら、海岸沿いを走ります。
  最初のガード下をくぐります。

3.少し行った先にある
  明鐘トンネルに入ります。

4.明鐘トンネルを出るとすぐ左脇に
  鋸山登山自動車道の入口があります。

5.登って行くと、山の中腹と山頂付近の2カ所に駐車場があります。

Googleストリートビュー(画面を操作できます。)

7.鋸山無料自動車道・駐車場への行き方

鋸山観光自動車道(無料道路)の入口は、上記の有料道路入口から更に数百メートルを館山方向へ進んだ所にある潮噴トンネルの出口から100メートル程先にあります。
入口が大変わかりにくいので、ここでよく確認しておいてください。

1.潮噴トンネルに入ります。

2.途中で一旦トンネルが途切れますが、すぐに次のトンネルに入ります。

3.トンネルを出て、右カーブの下り坂を100メートル程走ります。

4.左手に入口が見えてきました。
  (左の土手に案内板もあります)

5.入口は小さな橋を挟んで2カ所あります。
もし、手前の入口に入り損なったら、慌てず、隣の入口から入ってください。
どちらから入っても同じ道に出ます。

6.別角度から見た入口です。

7.狭い道を進んでいきます。
(手前の道から入った画像です)

8.左に見えるのは徒歩の登山道です。
  右手に進んだ後、左折します。

9.少し先を進むと左手に入口が見えてきます。
  左折して、鋸山観光自動車道に入ります。

10.急坂を少し登った先に駐車場があります。

Googleストリートビュー(画面を操作できます。)

8.【おまけ】鋸南町元名海岸の無料駐車場

実は、上記、鋸山観光自動車道(無料道路)入口の国道を挟んだ向かい側の海岸にも無料駐車場があります。
住所で書けば、「千葉県安房郡鋸南町元名 鋸山無料駐車場」となります。

ここは主に鋸山徒歩登山用の無料駐車場です。
ここに車を停めておけば、国道挟んで向かい側の入口から徒歩登山道に入れます。

ここから鋸山日本寺の仁王門までは徒歩15分程で着きます。
鋸山の登山ルートの中では、最も楽なルートでもあります。

先程の鋸山観光自動車道(無料道路)入口の
国道を挟んだ反対側の海岸に無料駐車場があります。

正面から見た画像です。
晴れた日は景色も楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です